« Back to Glossary Index

他の地域がどうなのか知らないが、瀬戸内海において

底引き漁は15馬力以下の船でしか操業できないという決まりがある。

故に15馬力の船にあらゆる装備を積み、

どの漁でも出来るようにするというのが

一般的なウカシマンスタイルである。

なお、15馬力の船は当然遅い。出ても10ノットが関の山である。

1ノット=1時間に1海里進む速度。

1海里=1852m=1.852km

10ノットは18.52km/h

« Back to Glossary Index