« Back to Glossary Index

山口弁。

標準語で言うところの「のろい(鈍い)」になる。

最上級系は「ぬるさく」=「のろま野郎」である。

なお、温度的な意味の「ぬるい(温い)」も

同じ発音で「ぬるい」である。

「ぬるいからお茶がぬるくなってしまったじゃないか!」

的なシチュエーションも起こりうる。

気を付けよう。

 

« Back to Glossary Index