« Back to Glossary Index

関東で言う煮干しの事。

原料はカタクチイワシ。

サイズが小さいほど高価で、専門的な呼び名も変わる。

(呼び方はイワシといりこ共通)

1cm-3cmくらいのものをチリメン、(関東ではシラス)

3cm-4cmくらいのものをカエリ、

4cm-6cmくらいのものを小羽(コバ)、

6cm-8cmくらいのものを中羽(チュウバ)、

8cm以上のものを大羽(オオバ)と呼ぶ。

小羽以下はそのまま食べるのに適していて―

中羽以上は大きければ大きいほど旨みが濃くなるので

出汁をとるのに適している。らしい。豆知識な。

« Back to Glossary Index